スタッフブログ

スタッフブログ

大雨、台風、地震、自律神経との関係性

屋宜

皆様おはようございます

 

大雨に台風、地震と日本列島では災害が続いてしまっています……

 

当院もその影響を受けてしまっていますが、反対にご予約が比較的取りやすい状況となっております♪

 

京阪、谷町線の駅の目の前ですのでほぼほぼ濡れずにご来院していただく事が可能です♪

 

 

さて、雨などが続くと体の変調をきたすと言われていますがどんな事が起こるのでしょうか

 

 

・体が重くてだるい
頭痛、肩こり、めまい、耳鳴り、寝付けない、朝起きられない

・食欲不振
消化不良、下痢、便秘、吐き気、むくみ、新陳代謝の低下

・思考、集中力の低下
イライラしやすい、ダラダラしがち、焦りや不安感が高まる、気力の低下、性欲の低下

・持病の悪化
関節痛、神経痛、古傷が痛む、アレルギー発症など

 

これ以外にも様々な症状が出る事がありますが、本日注目すべきは、自律神経の失調です。

 

 

交感神経(戦闘態勢)と副交感神経(リラックス)の切り替えが上手くいかなくなると人間の体は危険信号を出し始めます。

 

その状態が上に上がっている状態なのですが、ではどうすれば調整機能を維持したまま健康に過ごせるのでしょうか

 

 

方法は様々です

 

 

適度な運動をする

 

喫煙、暴飲暴食を控える

 

 

こんなのは当たり前、とみなさん思われると思いますが

 

 

寝る前直前に、歯磨きをしない、

 

寝る前にディスプレイを見ない

 

熱いお風呂に入らない

 

 

など、細かいところでも交感神経優位にみなさんしてしまっていることが多いです

 

 

大事なことは、

規則正しい生活リズムを作ること

 

寝る体制を作ることです

 

 

僕はこれが一番簡単だと思います。

 

 

食事を変えたり運動をすることはプラスアルファでできればベストですが

 

 

食事や運動ができていても寝る体制が整っていないと結局は交感神経が優位になります

 

 

少しだけでもコツコツと意識してみてください