スタッフブログ

スタッフブログ

股関節前側の痛み

大江

今回は股関節の痛みについてご紹介していきます。

 

スポーツ動作をはじめとした、骨盤への負担の増加によって股関節や鼠径部に発生する痛みを総称して、鼠径部痛症候群(グロインペイン症候群)と呼ばれます。

鼠径部痛症候群は明らかな器質的疾患がないにも関わらず、股関節から鼠径部にかけての痛みが発生している状態です。

下肢と体幹部の可動性、安定性、協調性の問題によって誘発されやすいと言われています。

 

股関節周囲筋群の過剰な緊張を抑制することが大切になります。

股関節の作用に関係する筋群に対して、マッサージや鍼治療を用います。

特に多いケースとしては、内転筋群、屈曲筋群の痛みが多いです。また股関節のような球関節の特徴として、前や後ろの片側の緊張が強くなりすぎると、反対側に骨の位置を押し出してしまうことがあります。(後ろが強いと前に大腿骨頭が押し出される)

そのため股関節伸筋群のタイトネスも治療の対象となります。

器質的疾患が関与している場合には、適切な安静が必要となります。

 

お悩みの方は、お気軽に当院までご相談ください。